コロナ専門家有志の会 | COVID-PAGE

政府対策本部の旧・専門家会議や厚労省クラスター対策班等の関係者で組織された専門家の有志の会です。全世代のみなさまに拡散してほしいメッセージをお知らせしています。一人でも多くの方に私たちのメッセージが伝わり「秒で理解、秒で拡散」されるよう努めます。ともに困難を乗り越えましょう。

有志の会からのメッセージ

すべて見る

オミクロン株の急激な流行を防ぐための年末年始の過ごし方

寒さが深まって、年末が近づいてきました。 年末年始は帰省や旅行をする方もおられると思いますが、「オミクロン株」の報道もよく見聞きするようになりました。そこで、「オミクロン株」について現時点でわかっていることと、年末年始の過ごし方のコツをお伝えします。 油断ならない「オミクロン株」 「オミクロン株」について、 まだわかっていない点も多くありますが、以下のような特徴が報告されています。 「オミクロン株」の特徴は、2日や3日で感染者数が倍になるくらい、感染拡大が速いこと

スキ
728

皆さんの声を聞かせてください。皆さんの力を貸してください。 #ねえねえ尾身さん

有志の会の尾身です。 この1年半以上の間、世界中が新型コロナウイルスと戦ってきました。 目覚ましい研究の成果があり、重症化予防に有効なワクチンが実用化し、治療法も日々進化しています。 しかし、急激に感染が拡大し、感染者数や重症者数が高止まりになっている都市部では、新型コロナ以外の医療や他の病気の患者さんにも深刻な影響が出ています。 マスク装着、こまめな手洗いや換気、人との距離の確保、ワクチンの接種などの基本的な感染防止策によって、感染拡大リスクを下げることができます。こ

スキ
12,444

Recommendations about COVID-19 risks related to holding the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games

We are a voluntary independent group of experts who have been advising the government of Japan and its prefectures regarding the COVID-19 pandemic since early 2020. On June 18, 2021, we published this paper and handed it to the president of

スキ
144

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴う新型コロナウイルス感染拡大リスクに関する提言

2021年6月18日、政府の新型コロナウイルス感染症対策に助言をしてきた尾身茂氏ら感染症の専門家有志が、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会、政府等に、大会開催に伴う感染拡大及び医療逼迫を招かないための提言書を提出しました。提出者は次の通りです。 阿南英明 今村顕史 太田圭洋 大曲貴夫  小坂 健 岡部信彦 押谷 仁 尾身 茂 釜萢 敏 河岡義裕 川名明彦 鈴木 基  清古愛弓 高山義浩 舘田一博 谷口清州  朝野和典 中澤よう子 中島一敏 西浦 博  長谷川秀樹 古

スキ
1,310

専門家からのメッセージ

すべて見る

子どもとの過ごし方 (#分でわかる シリーズ)

山梨大学の山縣然太朗といいます。公衆衛生学の専門家です。 現在、2回目の緊急事態宣言が発出されています。前回とは異なり、多くの学校や幼稚園、保育園が開かれています。でも、今回もまた、世の中の物々しい雰囲気のために、お子さんが強い精神的なストレスを感じたり、不安定になったりしているかもしれません。そこで、「子どもとの過ごし方」について、お伝えします。 前回のnote記事で、「#秒でわかる」と銘打ったのですが、「秒は無理」というご意見を頂き、反省しました。そこで、「#分

スキ
240

新型コロナの病原性とワクチン:変異株の影響は?

有志の会の河岡です。 12/30付note記事「新型コロナウイルスの「変異」とは? 」では、「変異」の意味や、感染力や病原性について、お伝えしました。 今回は、新型コロナの病原性とワクチンの効果について、変異株が与える影響も含め、いまわかっていることをお伝えします。 Q. 新型コロナウイルスの病原性は強くなっていますか? 最近、重症化する患者が増えており、ウイルスの病原性(※1)が強くなっているのではないかというご心配があるようです。 ※1 病原性とは、病気を引き起

スキ
490

20代~50代の皆さまへ:今、実行・拡散してほしいこと

変更履歴:文言変更「いつも会っている人」→「同居人」(2021年1月20日 21:57) 有志の会の尾身です。 どうか、以下のメッセージをお知り合いの方や他のSNS等にも拡散していただければ、本当にうれしいです。  ◆◇◆◇◆ 皆さん既にご承知のように、現在、緊急事態宣言が発出されており、日本の医療と経済は深くダメージを受けつつあります。すでに、失業率は高くなっていますが、感染拡大が収まらないと、さらに影響が広がります。また、医療では、例えば骨折や盲腸(虫垂炎)になっ

スキ
4,103

全世代の皆さまへ ~2021年に向けて~有志の会からの感謝と決意のメッセージ

有志の会の尾身です。2020年4月にこの活動を発足させて以降、有志の会メンバーは、それぞれの持ち場で対策に尽力しつつ、不定期ながら情報発信に努めてきました。皆様には私たちの活動をご支援くださり、本当にありがとうございます。 私が4月5日に初めて書いた記事で、「日本がこれまで、諸外国に比べて感染拡大を緩やかに抑えてこられたのは、皆様のご協力があったからこそです」と述べました。 私は今も全く同じ気持ちを持っています。有志の会を代表して、これまでの皆様のご協力に深く感謝を申

スキ
1,521

いま、拡散してほしいこと

すべて見る

#感染時に備えよう 体調が悪いときにすること(5/8更新版)

この記事は、5/8に厚生労働省による相談・受診の目安が変更されたことを受けて、4/27に投稿した同タイトルの記事の内容を更新するものです。今後も状況の変化に対応して内容を更新していきますので都度ご確認をお願いします。 「相談・受診の目安」、どこが変わったの?厚生労働省の自治体向け通知及び別添資料(5月8日付)によると、体調が悪いときに帰国者・接触者相談センター(地域により名称が異なることがあります)などにご相談いただく目安が、次のように変わりました。 ●みなさんへ 以下の

スキ
568

# 復帰に備えよう 「軽症者」が日常生活や職場に戻るとき

# 感染時に備えよう シリーズでは、体調がわるいときにすること、集中医療の現場でおこるかもしれないこと、軽症と判断されたときの対応をお伝えしてきました。 今回の記事は、新シリーズ # 復帰に備えよう の第1弾です。テーマは「療養を終える目安」。新型コロナで軽症と判断され、宿泊施設や自宅で療養される方が、日常生活や職場に戻るときのポイントをお伝えします。 宿泊施設や自宅で療養していた軽症者の方へ 新型コロナに感染しても、症状が軽い方や症状が出ない方がいることは、以前の記事で

スキ
388

全地域の皆さまへ 延長された緊急事態宣言で変わること・変わらないこと(5/5更新版)

専門家有志の会です。 昨日、総理大臣から、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」を、対象地域は全国のまま、5月31日まで延長するという発表がありました。これを受けて、4/16-23:12に公開した記事を更新しました。 「緊急事態宣言」の延長について「緊急事態宣言」が延長された根拠には、次の2点が挙げられています。 ①新たな感染者の数は減ってきているものの、まだ十分とはいえない ②感染が拡大すれば、医療体制に大きな負担がかかってしまう 「緊急事態宣

スキ
585

#感染時に備えよう 「軽症者」になったらすること

# 感染時に備えよう シリーズでは、これまで、体調が悪いときにすることや、ご自身や家族が重症化したときのことを話し合っておく大切さをお話してきました。 今回は、ご自身やご家族が「軽症者」と判断されたときの対応についてお伝えします。 新型コロナに感染したとわかって、宿泊施設や自宅で過ごす場合、不安や心配も大きいですよね。厚生労働省から全国の自治体向けに、重症化につながる症状の目安が通知されました。そこで、皆さんにも知っていただきたい大切なポイントをお伝えします。 軽症の場

スキ
631