見出し画像

濃厚接触者の定義から私たちが学ぶこと

専門家有志の会の和田です。
「濃厚接触者」の定義が、新たに「患者さんがコロナが疑われる症状を示した日の2日前から、患者さんとの距離が1m以内で、マスクなどで口元が覆われていない状態で15分以上会話した人」と変わります。

言い換えると、「1m以内」「マスクなし」「15分以上会話」した相手が、2日以内にコロナの症状を示したら…あなたも濃厚接触者です。

画像4

「濃厚接触者」とは、保健所が健康観察の対象とする人のことです。その定義が4月20日付けで変更されました。

この記事では、その変更点を解説します。

濃厚接触者の定義には、4つのカテゴリーがありますが、そのうちの1つが、大きく変更されました。

これに伴い、「感染するかもしれない期間」も変更されます。これまでは「発症日以降」が対象でしたが、「コロナを疑われる症状を示した日の2日前」までさかのぼり、患者さんが隔離される日までとなります。

この期間に患者さんと濃厚接触した人は、最後に患者さんに接触した日から14日間が、健康観察期間(保健所の指示に従って対応し、健康状態を報告する期間)となります。

画像3

これまで濃厚接触とされていた距離は、「目安として2m」でしたが、「目安として1m」になりました。また、15分以上という目安が加わりました。

画像4

画像4

これらの変更が生じた背景には、

1)コロナに感染すると症状が出る前から他の人に感染させていることがわかってきた
2)WHO(世界保健機関)でも、同様の定義に変更された

といった理由があります。

そして、患者さんが示す症状には、発熱及び咳・呼吸困難などの急性の呼吸器症状だけでなく、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉(鼻づまり)、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐などが加わりました。

また、変更されなかった3つのカテゴリーは、以下の通りです。

1)患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者
2)適切な感染防護なしに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者
3)患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者

※「患者(確定例)」とは、臨床的特徴等から新型コロナウイルス感染症が疑われ、かつ、検査により新型コロナウイルス感染症と診断された者のことです。

この変更によって、濃厚接触者の範囲が広がることになります。今日からは、誰もが「濃厚接触者」になるかもしれないという前提で、新しい生活習慣を身につけましょう。

・会話をするときにはマスクなどで口元を覆う
・相手との距離は、1m以上(できれば2m)あける
・できるだけ自宅にいて、できるだけオンラインで人と交流する

もし「濃厚接触者」になった場合には、積極的疫学調査(過去の行動履歴の調査)にどうかご協力ください。

この積極的疫学調査はどんな風に行われているのでしょうか。このたび、保健師さん向けに書かれたガイドができましたので、ご覧ください。これは、日本赤十字看護大学の吉川悦子さんらが中心になって、和田も監修に加わってまとめました。保健師さんの丁寧なお仕事ぶりについて知っていただければ幸いです。

皆さんが調査に協力して下さることによって、コロナについての知識が増え、今後の対策に役立ちます。どうぞよろしくお願いいたします。


コロナ収束のための拡散を!
1128
政府対策本部の専門家会議や厚労省クラスター対策班等の関係者で組織された専門家の有志の会です。全世代のみなさまに拡散してほしいメッセージをお知らせしています。一人でも多くの方に私たちのメッセージが伝わり「秒で理解、秒で拡散」されるよう努めます。ともに困難を乗り越えましょう。

この記事が入っているマガジン

専門家からのメッセージ
専門家からのメッセージ
  • 6本